ゴールデン心

ゴールデンの子犬・心(こころ)にレトリーブの訓練はまだ早い!?

郊外でフリスビーなどを飼い主が投げて、ワンちゃんがキャッチ!飼い主の元まで持ってきてもらうレトリーブ。いつかゴールデンレトリバー・心(こころ)と楽しんでみたいと思うきょうこの頃。

ワクチンの接種がまだ済んでいないので、いまだ散歩もままならず。

室内でボールを転がしたりして、「レトリーブのマネごと?」などをしていますが…。今後、どのような訓練が必要なのか!?

 

レトリーブの動作

そもそもレトリーブの動作とはいくつかの組み合わせになっているようです。

  • 飼い主がワンちゃんにボールなどを注目させる
  • ボールを投げる
  • 合図を出して、ワンちゃんをボールの方向へ
  • ワンちゃんに指示を出し、ボールと取らせる
  • 飼い主にボールを届けさせる

やはり、単純な「おすわり」や「お手」よりずいぶん複雑に感じる。しかし、ゴールデンレトリバーの名前の由来でもあるレトリーブ!?いつの日か出来るようになるのか!?

 

レトリーブの訓練

  • ボールなどの匂いを嗅がせて、注目させる
  • 注目を確認の上、ボールを投げる
  • 「いけ!」「ゴー!」などの声をかける
  • ボールまでワンちゃんが行ったら、「取って!」「キャッチ!」など声をかける
  • 戻るよう「おいで」などと指示を出す
  • 「ちょうだい」などと言ってボールを受け取る(おすわりをさせる、おやつを与える)

 

おわりに

当初は室内でボールを転がしても、持ってきてくれずひとり遊びをしていたゴールデンレトリバー・心(こころ)。

このところは、かなりの確率で持ってきてくれるようになりました。持ってきてくれても、なかなかボールを渡してもらえませんでしたが、やはりなにごとも練習です。おやつもあげてご機嫌を取りました。

いろいろおぼえてくれると、ますます楽しくなってきそうです。心(こころ)も飼い主もともに成長していければいいなぁ。

最後までおよみいただきありがとうございました。

ではまた。

-ゴールデン心

Copyright© ゴールデン心 , 2020 All Rights Reserved.