ゴールデン心

ゴールデンレトリバー・心(こころ)の家!ケージとサークルの違いは?

ゴールデンレトリバーの子犬・心(こころ)を家に迎えるにあたり、室内飼いをするとは決めていた。昔は犬を飼うっていうと庭に犬小屋を建てて、その中に住まわせるというイメージだったが…。

なんか檻みたいなのを部屋に置けばいいのだろうと安易に考えていた。ゴールデンレトリバーは成犬になればかなりデカいので、大きなサイズのケージを注文したのだったが、2本足で立つとすでに鼻先が天井に届いてしまう。

この先、どうなるのか!?

 

アマゾンのケージを使用中だが…

Amazonベーシック ペット用ケージ 折りたたみ式 ダブルドア」を使っている。10000円でお釣りが来たし、中型もしくは大型犬のゴールデンレトリバーなら一番大きな122x76x82.5cmサイズを選んでおけば間違い無いだろうと考えていたが…。

 

犬用
ケージとサークル

ケージサークル

大雑把にいうと天井がある檻がケージ。

サークルには天井が無く、いわゆるただの囲い

犬を飼うことに素人のわたしには当初同じようなものに見えた。

 

ゴールデンレトリバーの子犬・心(こころ)のトイレトレーニングや将来のことなどを考えると、サークルの方が良かった気がする。おやつで誘導とかもやりやすかったのでは!?2本足で立ったとき、頭をぶつけないですむし。

我が家にやってきたばかりの心(こころ)は、いずれ天井に頭が届くにしても多少時間がかかると思っていた。それが約3週間で、天井にモノを置いておくとちょっかいを出せるようになってしまった。

新聞紙やティッシュなどを置いておくと、ケージ内に引きずり込んでしまう。やがて、普通に頭をぶつけるようになるでしょう。

 

おわりに

大きめのケージであっても、トイレとベッドでいっぱいいっぱい。とても広いとは言い難い。しつけ等のこともあり、サークルの導入を検討中のきょうこの頃です。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

-ゴールデン心

© 2020 ゴールデン心