ゴールデン心

あわや大惨事!?ゴールデンの子犬・こころの散歩の時間帯を変更した!

ゴールデンの子犬・こころとの朝散歩。夏の間は4時起きで実行してきた。

しかし、秋も深まり10月に入ると、散歩が終わる頃にようやく明るくなる感じ。あまりに暗いとちょっと危ないし、ほかの犬や人とのふれあいもないので、散歩の時間帯を変更しました。

 

ゴールデンの子犬・心(こころ)の社会性

ゴールデンの子犬・心(こころ)ももうすぐ月齢9ヶ月になります。できれば、人やほかの犬たちとのふれあい等で、社会性を高めたいと思う今日この頃です。しかし、4時おきの早朝散歩では、遭うのは新聞配達のバイクと野良猫ぐらいしかいない。犬の散歩をしている人もいることはいるが、まれ。

そんなわけで、本日2020年10月5日より朝の散歩時間を変更しました。

4時起きでの1時間強の散歩をやめて、5時起きのミニ散歩。そして、朝食後しばらく経って8時半ごろから1時間ちょっとの散歩をすることにしました。

なにしろ、飼い主が無職なので、いつ何時の散歩にも対応しているのでした。

2020年10月5日の午前散歩

5時からの第1回散歩

5時起きだと非常に飼い主が楽です。今までより1時間遅いだけで、非常にからだが軽かった。

とりあえず、家の周りを30分弱1.8キロほど歩いて、こころにはウンチとシッコをさせることができた。

8時半からの第2回散歩

朝食をすませてひと休みした後、8時半から第2回散歩。これは1時間たっぷり、5キロちょっと歩いた。家を出てすぐ、またウンチ出ますた。ちょっとした坂を上って、丘の上の公園でこころと走ったり、臭いをかがせたり…。

歩くだけでは運動にはならないので、キャッチボールをしたり走ったりして、運動不足を解消するといいみたいです。

 

トイプードルを抱いたおばさん

いい感じで歩いてきて、家までもう少しってところ。

国道の歩道を歩いていたら、トイプードルを抱いたおばさんが道の方を向いてゆったりと座っているのが見えた。前をスッと通り抜けようとしたとき、事件は起こった!ゴールデンの子犬・こころに気づいたトイプードルがいきなり吠えたと思ったら、おばさんの手元から道路に飛び出した!ゴールデン・こころもその声に動揺して、オレを引きづる。

車道まで出る勢いのトイプードル!交通量が多いので、このままではトイプードルもゴールデン・こころも危ない。とか言ってるうちに、オレもいつのまにか引っくり返っていた!その間、数秒から数十秒?幸い誰も車には轢かれなかった。オレはなんとかトイプードルを足で抑えようとしたが、結局うまくいかずにじたばた。夢中のうちにいつの間にかおばさんの手に戻っていたプードル。オレのかぶっていたキャップは道路に吹っ飛んでいた。

まあ、おばさんにもオレにもお互い悪気はなかったんだけど、結構たいへんだった。

おばさんとはお互いに謝って分かれたが、通るときにちょっと声をかければよかったと反省しますた。大事にならなくて良かったよ。

そのときはほんとに無我夢中!あとから思い出して、なんとか書きました。気をつけよう!

<トイプードルを抱いたおばさん>

で、もう1ケ所、公園によってちょっと運動。それで、家に帰った。

なんか、いつの間にかヒジをすりむいていた。

 

おわりに

もうすぐ58才になるオレ。帰ってしばらくたってふと気がつくと、ヒジの傷やからだのあちこちが痛かった。いろんなところを打ったみたい。うーん、トシだねぇ。

しかし、いつも自宅前でシッコをするゴールデン・こころ。きょうはなぜか、ちょっとよけた場所でやっていた。なぜ?…ふと見てみると、小さなウンチがあった。まったく、よく平気なものだよね。どこの誰だかしらないけど、人んちの前でやめて!いや、せめて持って帰ってね。よろしく!

それではまた。

【関連記事】ゴールデンの子犬・心(こころ)と早朝散歩!雨にも風にも負けず!?

-ゴールデン心

© 2020 ゴールデン心