ゴールデン心

ゴールデンレトリバーの子犬に牛の蹄(ひづめ)を与えてみたが…

2020年4月25日

ゴールデンレトリバーの子犬・心(こころ)のおやつとして「牛の蹄(ひづめ)」を買ってみた。

月齢3ヶ月を過ぎて、なんだか甘噛みも力強くなってきた心(こころ)。噛むおもちゃコングなども使ってはいるけど、より固い牛の蹄(ひづめ)。その効果はいかに?

 

なぜか吠えまくるゴールデンレトリバーの子犬・心(こころ)

子犬がなにかを噛む本能、そしておやつとして。牛の蹄(ひづめ)を導入。ネットで普通に手に入りました。いろいろなところが販売しているみたい。

とりあえず、ゴールデンレトリバーの子犬・心(こころ)の眼前に置いてみました。その時の反応がなかなか興味深かった。日頃めったに吠えない心(こころ)が吠える、吠える、吠える…!

太古の記憶が蘇ったのか?牛の蹄を敵として認識したのか?その辺は謎です。

吠えること数分…?ようやくカミカミし始めました。その後、なんだか気に入ったみたい。ウマいのか?とりあえず良かった。

 

 

賛否両論ある牛の蹄(ひづめ)

心(こころ)に蹄(ひづめ)をあたえたあとで、ちょっとネットで調べてみた。

ワンコのおもちゃとしておやつとして、好んで与えている人も多数。かと思えば、ワンコの臼歯が欠けてしまったとかいう情報もあり!

どこかの先生の意見が出ていたけど、牛の蹄は犬の歯より固いので与えない方が良いとか。

うーん、どうしましょう、奥さん?

 

おわりに

とりあえず、心(こころ)の歯が欠けるようなことがあっては一大事なので、牛の蹄を与えることは中止しました。心(こころ)お気に入りのおやつになる予感もありましたが断念。

また研究してみます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

-ゴールデン心

Copyright© ゴールデン心 , 2020 All Rights Reserved.